平成314月に松蔭高校に着任いたしました、校長の戸倉隆です。いつも本校のホームページを御覧いただきありがとうございます。

松蔭高校は、1940年に誕生し、今年度創立79年目を迎え、約三万人の人材を世に送り続けてきた名古屋市内でも有数の歴史を誇る伝統校です。校訓”磨く、拓く、翔く(みがく、ひらく、はばたく) ”のもと、千人あまりの在校生は日夜、勉強に、部活動にと、文武両道を目指して頑張っています

本校には数多くの運動部・文化部があります。その中でもサッカー部、ハンドボール部、陸上部、和太鼓部、書道部は全国大会出場経験を持つ伝統ある部です。この中で和太鼓部については、四年連続となる全国高等学校総合文化祭(佐賀県)への出場が決まっています。そしてどの部活動も、互いに切磋琢磨して、全国大会、東海大会、県大会とそれぞれの目標に向けて日々頑張っています。

学習面においても、進路実現に向けて、授業後に教室や図書館に残って黙々と勉強に励んでいる姿が見られます。毎年国公立大学や有名私大に多くの合格者を出すなど松蔭高校は活気に満ちあふれています。

このような生徒達の生き生きとした活躍があり、今年度も県内の多くの地域の中学校から新入生を迎えます。今後も地域、保護者、中学校などから信頼される学校であり続け、生徒達が誇りに思える学校であり続けるために、その期待に応えるべく最大限の努力をしていかなければと一層決意を強めているところです。

これまで同窓生や地域の皆様方、そして中学校の温かい御支援に支えられてきた本校が、今後も「選ばれ、信頼され、愛される松蔭高校」としてさらなる応援をいただけるように教育の
充実・発展に努めてまいりますので、 より一層の御理解と御支援を心よりお願い申し上げます。


愛知県立松蔭高等学校長 戸倉 隆 

  


校長挨拶